基本的に投げっぱなし。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
長井
漫画的展開をリアル風でやるとこんな感じ?
|長井 | comments(0) | trackbacks(0)
ゲッサン10月号
 >ジャンボリーヌ
割と好きかな


>よしとおさま
サビ丸やればできる子すぎるのではないか


>アオイホノオ
脚色してるんだろうけどうざいwww


>リンドバーグ
強いねーさん出てきた


>長井
あ、サブタイトルが「ヒーローの創り方 その5」になってる
なんというか、がんばれクッ付カセルという気持ちになってくる


>楽神王
がーくしーんおー!


|長井 | comments(0) | trackbacks(0)
今月の月産
長井なかったから無し!
|長井 | comments(0) | trackbacks(0)
長井ももう10話か・・・
 警察が出てきてすごくデジャブ。この懐かしい感じ。

爆発スキルというかなり危険な武器を相手に、わけがわかんないほどのゆるさで対決。
・・・・対決って言うか避けてるだけだが・・・
多分このゆるさは今後しばらく維持されるのではないか。狙ってると思うんだけど、
貴重な読者がその間どんどん離れてしまうのではないか心配なのですぞ。
杞憂に終わると信じて、来月!



信長はゆるいまんまでふつーに戦してた。
さすがに不殺って話にはならないか・・・。
今後も注目。

飛空士は一段落といったところ?

リンドバーグとマコトの王者は
それぞれ次の展開ですね。
たのしみ。
|長井 | comments(0) | trackbacks(0)
長井9話 
 トラストミーっていつニュース出てきたんだっけ
なんかすごい最近のような気がして
どういう進行で印刷まで行ってるのか
少しびびってみたり。
変身途中でびっくりがいい感じにしょうもなくてよかった。

こいつらまだ戦ってない・・・。


長井の反応がたまに普通過ぎて、逆に噴く。

単行本はまだまだ先かなー。


たまにはゲッサンのほかの漫画の、何の役にも立たないかんそーも書く。
・信長
あのゆるさで本当に戦始めちゃうらしい。期待。

・ハレルヤ!
盛り上がってきたよ。

・まねこい
ややこしくなってきたー。

・アオイホノオ
毎回傲岸不遜な若さをスゴイ覚悟で描いている。

以上!

|長井 | comments(0) | trackbacks(0)
長井かんそー忘れてたわー

もう何話だ。8話かもしれん。
たしかサブタイトルは空中大決戦(嘘)後編だった気がする。

今回のまとめ

面白爆破星人が出たけどまだ戦ってねー
しばらくこんな感じなのか



「シンゴー」と最後の下りにクスッと来た。

|長井 | comments(0) | trackbacks(0)
CMB13巻と長井6話かんそー
 13巻にしてやっとCMBは前後編が多いことに気づいたああああ
つーか読み返すと一冊一話とかあった。全然気づかんかった・・・。

今回はてこ入れ巻なのか?ヒヒ丸は新キャラかよくわからんけど
三人のうちのお父さんがひとり出てきたよ!?
当然今後残りの二人出てくるんだよね?
ロケットマンほどのしっかりした流れは無いけど、ちゃんと終わる話なのか?

なんかずっとQEDと同時発売だったのにQED見当たらんかった。


長井6話。
特に新展開は無い。ような気がする。
長井は見た目と口調は異常にもほどがあるが、普通にいいやつ。多分。
しかもかっこよく見えてきたので眼科に行くべき。

帽子や音那達にどれほどの権限があるんだろうなァ。
|長井 | comments(0) | trackbacks(0)
長井5話かんそー
 窓開けっ放しで寝たら乾燥で喉やられた。そして3日。
なおらねえ・・・・・。


今回も中途半端な終わり方だったので、また描きあがったところまで
だったんだろうか。サブタイ見忘れた。
状況の整理と新キャラ登場といった感じ。でも新キャラが重要なキャラなのか
そうでないのかイマイチ判別できなかった。

しかし主人公の絵面すらアンカー決定されていたとはびっくり。
漫画だけどアニメみたいな作業の空気なのか?
でも漫画も一人で全部決めるわけじゃないみたいだからなぁ。

兄者・・・我等生まれや育ちは違えど
星座は一緒。
|長井 | comments(0) | trackbacks(0)
長井4話かんそー
超こんにちわ。地震的な意味で。
慣れてきて危険。


虚構とリアルのフォリ・ア・ドゥ後編ということで!
リアルの部分が出てきた?つっても漫画だから全部虚構だしリアルのような気も・・・。
そういう話ではない?
今回の話は多分、外から?示された適当すぎる設定について
漫画世界の住民たちが今後どうすべきか話し合うかんじ。
まゆげは石破さんにしか見えないので勝手にそう呼ぶ。
メガネは今までと違う角度からの文章ネタ担当だろうか。

主人公の名前、最後まで出ないのかなぁ。

あと、頭脳戦って書いてあるコマは一見対等に戦ってるようだが
完全に一方的なのにシリアスw


雑誌買うの心待ちとか初めてかもしんない。
来月までまたドキドキできるぜえええええええ
|長井 | comments(1) | trackbacks(0)
第三世界の長井かんそー
 ほんと言うとゲッサン創刊号だけ買って後は単行本待ちのつもりだったけど
2話が23ページという、ながいけん的にありえない量と知ったので、また買ってみた。
来月も買っちゃうかもしれないな。

2話までのど素人解釈ー
どうしても気になるのが、1話の壁に書かれた「にげんなよ」の落書き。
どう見ても作者が作者自身に向けた言葉です。いや・・・・多分。
そして今回は「終わる話」であることが前提だと!

わかりづらいが主人公(?)はあの違和感ありまくりアメリカ青年の長井、つまり作者のながいけんで、
作者が話を終わらせる、ひょっとしたら前作をやり直す物語なんだと思っておく。
(前作のキャラっぽいのがちらほら居る様子)
帽子の子は仮想読者なんだな。まぁ帽子以外は全員ながいけんなのかもしれないが。
読者が主人公という視点もあり?うーん。わからんw
しかし、今作はギャグと言い切るのもどうかにゃー。ギャグを装った違うもののようにも・・・。
いや、考えすぎだな。

ところで攻めてきた宇宙人ってファーザー?・・それはない?
そういえばヤクザがまだ一人も出てきてない。必要ないのかな。



 
|長井 | comments(0) | trackbacks(0)